2017年12月2日土曜日

20年目から30年目を目指して クラシカル領域に突入したメルセデスの124と呼ばれるドイツ車の存在感。その2 本多さんの1ナンバー継続車検












本多さんの1ナンバー継続車検




最近人気の熱い124時代のメルセデスのワゴン。
1ナンバースポーツトラックスタイルがさらに人気です。
本多さん 1年に1度の1ナンバー継続車検で御座います!
 
最近は継続車検のルールが少し変更になりまして!
太めのタイヤの幅とかは以前よりはすごく優しくなりましたが、
それ以外の今までには何でもなかったようなフツーの事が、
駄目になったりとある意味違う意味で、
車検自体が微妙にですが厳しくなりました!

本多さんのワイド500 マッチョ
ホワイトメルセデス!
厳しいけれど優しさもある!
継続車検バッチリとこのサイズで適合検査合格なんです!

希少な限定サイズ EURO FIVE 18  
SIZE  リアスペシャルワイド 10,5J-18  がOKなんです。
2,017年の06月から10mmワイドのタイヤの腹は
許される素晴らしき時代へと深化しました!

という事は 11J-19インチ SPORTS  CLASSIC 
鍛造19ワイド サイズも何となくOKという事かも知れません!
時代はこの部分に関しましては素晴らしい流れとなりました。




Toshifumi  Kako  










































































































































































2017年11月21日火曜日

20年目から30年目を目指して クラシカル領域に突入したメルセデスの124と呼ばれるドイツ車の存在感。













W124 The number following the alphabet starts 
with 1 and is multiplied by 3 digits

W124  アルファベットの次に続く数字は1から始まり倍々の3桁
初期型1986年製造の124シリーズから数えれば、
すでに30年以上の歴史に食い込みました。

後期のモデルイヤー1993年10月からの切り替えから考えても、
あっという間に歴史24年目の時代に突入で御座います。
30年近くの時間軸が経過しても伝わるこの圧倒的な存在感は、
なんと言葉で表現したら よろしいのでしょうか?


Toshifumi  Kako