2018年9月12日水曜日

AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19  FOR MERCEDES BENZ W124092 AMG E320T 3,6 ワイドボディー ONLY   20年の月日が流れ不可能を可能にさせた特殊サイズの開発です!











羽田さんのAMG E320T 3,6 
コンプリートマシン修理中で御座います! 


2018  09  12


今回のメンテナンスメニューは3つ!

ATのオーバーホール
エアコンの効き具合の改善
水温がやや高いという症状の改善修理


羽田さんの36ワゴンは妖艶で美しい

24年前のメルセデスワゴンとは思えないくらいの存在感。


極上のコンディションは自分達で時間をかけて造り上げる!
ただ乗るだけ、そしてただなんとなく維持しているだけでは、
あたり前ですが機械である以上その車両の程度も、
コンディションも自動的には勝手には良くなりません!

手を入れてこそ自分のマイカーなので御座います!

時間的な寿命を迎えた部品としての、
消耗箇所を順番に交換させ、
壊れた箇所は惜しみなく、
修理させなくてはコンディションの回復は出来ません!

124カスタムボディー完成度がいつまでも良いのはあたり前!
クラシカルなビンテージカーの極上コンディションの定義とは、
メンテナンスとカスタムセンスの両方が高次元で求められます!

羽田さんのAMG E320T  3,6  コンプリートは、
最初はドノーマルの標準仕様のE320ワゴンでした!
愛情を注ぎ込んでエンジンを AMG  M104  
3,6フラットシックス コンプリートに載せ換えました!

AMG  E320T  3,6コンプリートは新しく造り上げる事が可能なのです!

ボディーはモチロン 
ワイドフェンダー500仕様へと仕上げました!
室内インテリアもお約束のカスタムレザーにイメージチェンジ。

往年のドイツ製造時代に造られた憧れの90年代シート
メルセデスのインテリアに溶け込む黄金期のRECARO  CSEを左右装着。

足廻りはAFF  オーリンズ46mm 26 段調整式をチョイス。
EXシステムはこれまたAFF オールステンレスエキゾーストに、
36専用に開発されたAMG  E320T3,6 車検対応スポーツツインバレル触媒を装着。
そして各部のスペシャルパーツをパーフェクトに組み込んで御座います。
じっくりと妥協せずに時間を掛けて組み込んで完成させて行きました!

只今 AT回路の OH  

パーフェクトオーバーホールと呼ばれるメニューを実施。
単なるクラッチプレートASSYの交換作業だけではなく、
AT圧力の調整から各部消耗部品の交換、
完全分解 完璧修復作業としての修理内容を選択です。
時間は掛かりましたが、ようやくですが完成してまいりました。

新車以上の極上コンディションを常にキープさせている、
羽田さんのAMG  E320T  3,6  コンプリートワゴンでした。


鍛造 AFF    SPORTS  CLASSIC  FORGED 19を装着


アルミは数十年単位で愛用されてきた5本スポークデザイン
18インチのテクノマグネシオTYPE 201B  から誕生した
EURO  FIVE  を装着されておりましたが、
こちらもイメージチェンジで御座います。
念願の最新式19インチ 鍛造 AFF  SPORTS  CLASSIC  
FORGED 19を装着されました。

124のボディーラインに合わせてスポークの曲線美を大幅に改善。
これを装着させる事により124ワイドボディーのくびれシルエットが、
自然な強弱ラインが得られフェンダーの曲線美が強調されるようになります。
目の錯覚かも知れませんが寸法に変化はなくホイールベースは同じでも、
何故かクルマ全体の大きさもロングボディーで車高が低く見えるから不思議です。
19インチのバランスでしょうか存在感がまるで違うという事を意味します!

全体のバランスは専用エアロとの組み合わせから生まれます!




ボディーシルエットは専用設計のエアロパーツで問題解決です!
AFFのワイド500用のフロントバンパースポイラーVer 1を装着。


こちらはE500のフォルムを活かした
造形デザインで御座います!
特徴はフロントのバンパーモールプロテクターの
フラットスタイルが大きな違いで御座います!
どうしても気になる隙間問題、
それは中途半端なモールプロテクターの上下の隙間。
接合部隙間を一切無くした一体式構造で御座います!
124ワイド専用設計改良デザインとなります! 

そして124ワイドワゴン専用の、
リア36ワイドバンパースポイラーとの組み合わせ。
ワイドバージョンボディーの為の専用エアロの組み込みです!

124オーナーなら みなさんが自覚されていると思われますが、
500ワイドワゴンのカスタム完成プロセスは非常に難しく、
リアフェンダー廻りのフィッティングを含めて完璧な製品が、
今までにそれほど多くは存在していませんでした!

既存の AMG  Ver3  ウレタン製のリアスポイラーエアロでは、
直線的なデザインで500ワイドボディーには対応しておりません。
無理やりこのAMG  Ver3  ウレタン製のリアスポイラーエアロ本体をひっぱったり、
当然ですが寸法が足りないのに無理に伸ばしてもエンドのチリは合いません。

局部的に接合部の角の部分のチリが合わないのを知りながら
500ワイドに装着させても美しきフォルムは活かされません。
全体の流れるような自然ボリュームや雰囲気そして完成度と耐久性。
組み合わせの接合フィッティングが疎かになると、
残念ながら、どうしてもフォルムも含めて中途半端でおかしくなります!

フロント廻りからサイドラインにかけては、
500セダンの共通部品のスワップ流用でなんとかなりますが、
肝心の500ワイドボディーへとカスタムさせた
124 ステーションワゴンボディーの後始末がこれまた大きな問題でした!

存在していないが為にAMGの直線的なエアロを強引に引っ張り気味で、
無理に装着させてみたり、局部的にチリを合わせる為に、
異質な素材での耐久性に欠けたパテ盛りさせて妙な肉を付けて、
ラインを作り出したりと違和感のある車両が非常に多くて困りました。
これが124ワゴンボディーの最大の難関でもあり課題としての大きな悩みの種でした。

AFF  ワイド124 ワゴン専用リアバンパースポイラーは、
これらの難しい張り出し具合を問題なく自在自在に、
完璧フィットさせるよう調整可能なので御座います。
特殊サイズ以外でのアジャスタブル構造で、
500フェンダーのワイド幅に綺麗に合わせる事が可能なのです。


今更説明するまでも御座いませんが、
全てのフィルムに妥協が無いからこその美しき存在感なので御座います!



Toshifumi  Kako  



































































































































































































































































































































































































































Haneda's AMG E320T 3, 6
Complete machine is under repair!


2018 09 12


Three Maintenance Menus this time!

AT overhaul
Improvement of the effectiveness 
of the air conditioner
Improvement of symptoms 
of slightly higher water temperature


Mr. Haneda's 36 
wagon is magical and beautiful

It is unlikely to be a 
Mercedes Wagon 24 years ago.


We will build ourselves 
with the best conditions on our own!
Just ride it, just keep it somehow,
Although it is commonplace, 
the degree of the vehicle as it is a machine,
Condition will not automatically improve selfishly!

It is your own car when you put your hands on!

As a part having a temporal lifetime,
Wear parts are exchanged in order,
Regardless of the broken part,
I can not recover the condition without repairing it!

124 Custom body It is natural 
that perfection is perfect forever!
The definition of a superb condition 
of a classical vintage car is,
Both maintenance and custom sense 
are required in high dimension!

Haneda's AMG E320T 3, 6 Complete,
At first it was a standard normal E320 wagon!
Pouring affection to the engine AMG M104
We changed to 3, 6 flat six complete!

AMG E320T 3, 6 
Completion can be newly built!

The body is a
We finished to the wide fender 500 specification!
The interior decoration is also an image change 
to a promised custom leather.

The yearning's 90s seat that was built in the era 
of German manufacturing of the past year
RECARO CSE of golden period blending 
into the interior of Mercedes is attached right and left.

Around the legs AFF Orleans 46mm 
Choose a 26-stage adjustment formula.
EX system also to AFF all stainless exhaust,
AMG E320T 3, 6 developed exclusively 
for 36, equipped with a sports twin barrel 
catalyst for inspection inspection.
And incorporate the special parts of each part perfectly.
I did not compromise thoroughly 
and took time to incorporate and completed it!

Now on the AT circuit OH

We conducted a menu 
called Perfect Overhaul.
Besides mere clutch plate 
assembly replacement work,
Replacement of parts expendable parts 
from adjustment of AT pressure,
Complete disassembly Perfect repair work 
is selected as repair content.
It took time, but it is finally completed.

Always keeping superb conditions over new cars,
It was Haneda's AMG E320T 3,6 complete wagon.


Forging AFF SPORTS CLASSIC FORGED 19 installed


Aluminum has been favorite 
for several decades 5 spoke design
It was born from 18 inch 
Technomagnesio TYPE 201 B
EURO FIVE was installed, but,
It is also an image change here.
Latest 19-inch forged 

AFF SPORTS CLASSIC
I was fitted FORGED 19.

The curved beauty of the spoke 
has been greatly improved 
according to the body line of 124.
By wearing this, a neck silhouette 
of 124 wide body,
The natural weakness line is obtained 
and the curve beauty 
of Fender becomes emphasized.
Although it may be an illusion of the eye, 
there is no change in size and even 
if the wheel base is the same,
It is strange that the size of the entire car 
is also long body and car height looks low.
It means that the balance of 19 inches 
or the presence is completely different!

The balance of the whole is born 
from combination with exclusive aero!




Body silhouette is problem solving 
with exclusively designed aero parts!
Front bumper spoiler Ver 1 for wide 500 
of AFF was installed.


I took advantage 
of the form of E 500
It is a model design 
Features of the 
front bumper molding protector
Flat style is a big difference!
A gap problem that I care about,
It is a gap between the upper 
and lower half of the mall protector.
Joint part It is the monolithic 
structure which lost all the gap!
124 wide design exclusive design 
improvement design becomes!

And for 124 wide wagon only,
Combination with rear 36 wide bumper spoiler.
It is a built-in aero for wide version body!

It is thought that 
everyone is conscious of 124 owner,
The custom completion process 
of 500 wide wagon is very difficult,
Perfect product including fitting 
around the rear fender,
So much has not existed so far!

In the rear spoiler aero made by existing 
AMG Ver 3 urethane,
It does not correspond to a 
500 wide body with a linear design.
Forcibly pulling this rear spoiler 
aero body made of AMG Ver 3 urethane,
Naturally, although the size is insufficient, 
even if it is forcibly extended, the end chili does not fit.

While knowing that the dust in the corner 
portion of the joint does not fit locally
Even if you attach it to 
500 wide, beautiful form will not be put to use.
The whole flowing natural volume 
and atmosphere 
and completeness and durability.
When the joining fitting 
of the combination becomes unclear,
Unfortunately, it will be inconvenient halfway 
including the form by all means!

From the front to the side line,
It will be managed by swap diversion 
of common parts of 500 sedan,
I made it custom to 500 key wide body
The cleaning of the station wagon body 
was another big problem again!

Because it does not exist, 
AMG's straight aero is pulling forcefully,
For trying to force it 
and for locally adjusting the dust,
Put on putty with lack of durability 
with heterogeneous materials, add strange meat,
I had a lot of vehicles with a feeling 
of incompatibility with creating lines and was in trouble.
This was also the biggest obstacle 
of the 124 wagon body and it was a big trouble as a task.

AFF Wide 124 Wagon 
exclusive rear bumper spoiler,
These difficult extensions 
are free to freely without problems,
It is adjustable so that it will fit perfectly.
With an adjusterable structure 
other than special size,
It is possible to match 
it to the wide width of 500 fender beautifully.


Although I will explain it now,
Because there is no compromise in all films, 
it is the beautiful existence 







Auto Fashion Factory Co., Ltd.


AFF 1 Spots Classic Yokohama

Auto fashion factory Yokohama store AFF 1
3-31-1 Hayabusa Tsuzuki-ku, Yokohama-shi, Kanagawa

045-591-0888

AM: 12: 00 ~ PM: 21: 00


Closed on Thursday



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF 3 Mechanical Tokyo

Auto Fashion Factory Co., Ltd. 3rd Tokyo Tower
3-6-23 Shibakoen Minato-ku, Tokyo Kowa Kaikan Building 1F

03-6459-0831

AM: 12: 00 ~ PM: 20: 00


Thursday Sunday Holidays closed holiday


Toshifumi Kako










Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日








0 件のコメント: